りんごの生産

りんごの産地はアルプスの山麓に集中しています。そのような産地から世界各地の市場へヨーロッパの美味しさをお届けします。りんごは、甘くて、サクサクとしていて、果汁がたっぷりという特性を長期間保存することができます。環境保護と消費者への配慮から、地球に優しい統合型農業の条件を守りながら栽培されます。年間を通じていつでも市場に出ています。

りんごは食物繊維の含有量が多い(サクランボの2倍、イチゴの3倍)ため、食後にいただくのに最適な果実です。りんごの果実の83%は水分でできているので、水分補給にも有効です。単糖類とブドウ糖が6~14%含まれており、複合糖類(でんぷんなど)とは異なり、素早く人体に吸収されエネルギーとなります。このような性質をもつため、りんごは、赤ちゃんの離乳食として最初に与える食品とされています。